担当者の資格や経験が十分か確認しよう

安心して利用できるマンション管理会社を選ぶためには、どのようなポイントに注目したらいいのでしょうか。注目するべきポイントの1つが、管理会社全体の情報だけではなく、担当者に問題がないか把握するという点です。例えば管理業務主任者などの資格を持っているのか、マンション管理における業務経験が十分にあるのかなどの点を確認しましょう。資格を持っていて経験も十分という場合には、経験を活かして状況に合った形で適切に対応してくれる可能性が高くなります。また担当者との相性が悪いと感じた場合に備えて、契約後に担当者の変更が可能な業者かどうかという点も最初に確認しておくことが大切です。確認が可能でも何らかの条件が決められている場合もあるため、どのような条件で変更可能かチェックしておきましょう。

修繕計画や管理規約は定期的に見直しが行われるのか

新築で購入したマンションの管理をマンション管理会社に委託したい場合、注意しなければならない点の1つが、新築で購入した場合でも建物の状態は劣化していく知横転です。そのため建物の劣化や不具合の状況に合わせて、長期修繕計画の見直しが必要です。しかし管理会社によって、長期修繕計画の見直しを一切行っていない場合もあります。より良い形で長く建物を管理していける環境を整えるためにも、修繕計画や管理規約を定期的(1~5年ごと)に行われているのか確認しましょう。そして修繕履歴が適切に管理されていて、必要に応じた提案があるのかという点も含めて、信頼して利用できる管理会社かどうか判断することも可能です。

トラブル対応も含めて安心して任せられるのか

マンション管理会社には、家賃だけではなく管理費や修繕積立金の回収も任せることになります。管理費や修繕積立金の管理がきちんと行われていないと、建物の修繕が必要になったとき、お金がなくて対応できずに困ったことになってしまうかもしれません。問題なく対応できるようにするためにも、管理費や修繕積立金の滞納があった場合でも、しっかりと対処できるかという視点から利用するマンション管理会社を選ぶのも1つの手です。実績がある管理会社の場合、滞納解消のためのノウハウを持っている、回収に精通しているもしくは体制が整っているケースが多くなっています。今までの滞納解消の方法や回収の実績などを確認したうえで、必要なお金の回収も含めてしっかりと任せられる業者なのかどうか判断することも可能です。

当社はお客さまの専有部のご要望にお応えするためにリビングサービス部を設置し、1日10円で暮らしを助ける会員制サービスを行っています。 設計・施工監理や修繕に関して豊富な経験を持つ技術スタッフがコンサルティングさせて頂きます。 マンション管理をトータルサポート致します。 マンション管理のご相談・お見積もりはインターネットまたはお電話にて対応させて頂いております。 マンション管理会社をお探しなら株式会社ライフポート西洋へ